自分の首痛体験を元に首痛用まくら「ラクマックス」を開発した男が「枕」について熱く語ります!

ラクマックスとは

ラクマックス枕の開発ヒストリー

投稿日:

ぐっすりをすべての人に

ラクマックス枕を気に入って頂いた人々から

「どうして枕を作ったの?」

「首が痛くて枕が、合わないなら買いに行かなかったの?」

とよく質問を受けます。

その当時は、必死に自分に合う枕を探したんだけど満足できる枕が無かったんですよ。

それで、自作する事にしたんです。

今回は、ラクマックス枕が、どのようにして誕生したのか書いてみようと思います。

 

■思わぬ追突事故

1997年~1998年

一年の間に2度の追突事故に遭い、首をひどく痛めていました。

病院の医師からは、頚椎捻挫(むち打ち)と診断され治療を受けて回復しかけていた矢先に再び追突事故に巻き込まれてしまったのです。

 

■首が痛くて眠れない日々

2度目の事故後、

日中は、出来るだけ首を動かさないように気を付けて生活していました。

でも、夜になり就寝しようとすると大変でした。

横になり枕に頭を乗せて寝ようとするのですが首が痛くて眠れないんです。

頭の位置を変えたり、枕をずらしたりしても解決しませんでした。

そんな日々が続きました。

 

■安眠できる枕を探して

あまりにも首が痛くて枕で眠れない日が続いたため、こんな状態の自分でも眠れる枕を探すことにしました。

当時は、ちょうど安眠枕や健康枕のブームだったこともあり、色々なメーカーから様々なタイプの枕が販売さていました。

寝心地の良さそうな有名メーカー製の物や低反発素材の物など「これなら眠れそう。大丈夫かも」と思える枕を、それはもう10数個取り寄せては寝心地を試しました。

 

■普通の安眠枕=首を痛めている人は対象ではない

有名どころの低反発枕、高反発枕、羽毛枕、ビーズ枕、そば殻枕、

低い枕から高い枕まで・・・、

それはもう、肩こり・健康・快眠などの商品名の付く枕は一通り試しました。

結果、「やっぱり首が痛い」どれもダメだったんです。

「肩こり・健康・快眠」用と言っても、それは普通の人がより快眠するための枕であり、

「普通の安眠枕は、首を痛めていない人向けの枕だ」

とようやく気がつきました。

 

■タオルを敷いて寝ることを教わる

寝具店で販売している枕は試し尽くしたため、治療でお世話になっていた医師に相談したところ、

バスタオルを折りたたんで敷いて寝ることを薦められました。

その日の夜に、すぐに枕を止めてタオルを敷いて寝てみました。

なんとそれだけで「首の痛みがかなり和らいだ」のです。

その後も、タオルを下に敷いて高さ調整をした結果、

もうこれで首の痛みを気にしないで眠れる大丈夫だと思いました。

 

■安定しない頭で首に痛みも

バスタオルを折りたたんで寝ると、仰向け寝の時には「首の痛みが和らいで良い心地」なのですが、

愛用していたそば殻枕で寝ていた時とは違い、タオルを敷いただけですから首の支えが無くて頭が不安定で左右に転がる感じになりました。

寝ている間に、寝返りで首を動かした時に「首の痛みで眼が覚める」ことが何度もありました。

 

■首が痛くても眠れる枕づくりを決意!

タオルを敷いただけでは不安定になり左右に転がる頭の支えになるように

頭と首の両側に枕を設置してみたり、バスタオルを丸めて首の下にあてがっている物の太さを変えてみたり・・・。

「首の痛みを感じない眠り」を手に入れるため、試行錯誤を繰り返しましたが、

満足のいく結果は得られませんでした。

何と言ってもタオル枕には、すぐにへたる欠点がありました。

毎回のタオル枕のセッティングも面倒でした。

そこで、ついに「首が痛くても眠れる枕づくり」を決意したのです。

 

■タオルの薄さにこだわって

医師から薦められたバスタオルを折りたたんで敷く高さは、「首の痛みを和らげることに効果が有った」ため、

枕の後頭部を乗せる部分はタオル2枚分の高さ(約5mm)に決定し、

後頭部の圧力を分散する機能を持たせた専用のパットを開発しました。

 

■首の自然なカーブを守る

枕無しやタオルを敷いただけの状態で長時間眠る習慣をしていると、首の自然なカーブが失われ、

「ストレートネック」や「スマホ首」という状態になってしまう恐れがあります。

そのためタオルを丸めて首の下に置いておく方法がありますが、なにぶんタオルは直ぐにへたる欠点があります。

そこで、痛めている首の下に敷いてもタオルと同じように首に負担をかけない硬さと自由に変形できる素材を探したところ、一番適している物が「エアセル」であることを発見しました。

 

■進化したΩオメガ型が答え

枕を開発していく中で、肩こりのびどい人、ストレートネック、頚椎症、頚椎ヘルニアの人など、様々な人の意見を参考にしました。

痛い首をなるべく圧迫しないで負担をかけず、首から後頭部にかけて圧力を分散しながら、しっかりと首のカーブにそって支える事の出来る形状を探求した結果、

頚椎を保護する究極の形状「Ωオメガラウンド」形状にたどり着きました。

それは首に負担をかけないドーナツ枕から進化した物です。

 

■人気の首が痛くても安心して眠れる枕

やっと「首が痛くても安心して眠れる枕」づくりに成功しましたので、

さっそく枕の開発に協力して下さった人々

(首が痛くて眠れない経験している仲間達)

に出来上がった試作品の枕を試してみてもらったところ、思いのほか首の痛みが気にならずに眠れると喜んで頂けました。

中には、知り合いにも薦めたいので「ぜひもう一つ譲って欲しい」と言われる人も。

 

■ぐっすりをすべての人に

「自分と同じように首を痛め、安眠できない人が、世の中にたくさんいる。」

「一人でも多くの首に悩みをかかえいる人々に”安心して眠れる幸せをお届けしたい!”」

そんな想いから、首にやさしい枕「ラクマックス」は誕生しました。

-ラクマックスとは

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ラクマックス枕とは?

首が痛い時に、普通の枕で寝ると痛みが気になって朝まで安心して眠れませんよね? 僕自身、交通事故で首を痛めて普通の枕で眠れなくなった経験があるので、そういった悩みはよく解ります。 そんな悩みを解決しよう …

ラクマックスのご使用手順

ラクマックス枕の使用方法

ラクマックスの機能を十分に発揮させるために、ご使用手順に沿って、正しくご使用ください。 Contents1 1.専用の枕カバーをセットし、向きを確かめる。2 2.後頭部の高さを合わせる。3 3.中材の …

    人気記事