では一体、適切な睡眠とは何なのか?何時間睡眠をとるのが良いのか?

個人差がありますし、なかなか答えが出てこない疑問です。ただ経験的には、短いのが辛い一方、長く眠ると楽になる?ということは誰もが感じていると思います。それを裏付ける調査が近年、発表されました。

日本大医学部の研究によると、「睡眠時間が7~9時間より長いか短い子どもは、精神状態が悪い傾向にある」と言うのです。厚生労働省の研究班が2004年12月~05年1月に、中学校131校、高校109校を全国から無作為抽出し、在校生に過去1カ月の睡眠状況や精神的健康度に関して質問。回収した約10万人分のデータを解析しました。解析によると、精神的に不健康だったのは全体の44%。

不健康な子どもの割合は、睡眠時間が8~9時間で33.2%と最も低く、7~8時間で33.7%、6~7時間で42.2%、5~6時間で50.9%、5時間未満で58.3%と、短くなるほど高く、逆に、9時間以上は40.8%で、7~9時間よりも不健康の割合が増しています。

また、寝付きの悪さと健康度には大きな関連があり、「常に悪い」と答えた子どもの74.7%が不健康で、逆に「全くない」と答えた子どもでは31.5%でした。


睡眠衛生の重要な項目に睡眠スケジュールがあります。なるべく規則正しい睡眠スケジュールを守ることで心身ともに健康な状態を保つことが出来るでしょう。しかし、就寝時間に関してはあまりこだわる必要はありません。眠気がまだあまり強くない状態にも関わらず、布団に入ってもなかなか寝付けない、いわゆる入眠障害となってしまうことがあります。就寝する時間は目安を設ける程度にして、あとは眠気によって決めたほうが良い結果につながるでしょう。


ですが、起床時間に関しては毎日同じ時間に設定する必要があります。

起床時間が毎日一定に保たれると、体内のリズムが安定し、健全な状態を保つことが出来ます。起床後に太陽の光を浴びることも、体内リズムをリセットする効果があり、スムーズな入眠にもつながります。