DO YOU SLEEP?|眠っていますか?

1. 人はなぜ眠るのか

人は、一日の4分の1から3分の1もの時間を睡眠に費やしています。言うならば人生の4分の1から3分の1が睡眠なのです。しかし眠りに関しては今だはっきりとは分かっていないのが現状なのです。ここでは、今現在一般に明らかにされている「人はなぜ眠るのか?」について列挙していきたいと思います。


1.体を休めること

これは、一般常識的なことですね。筋肉を弛緩させることで休息を与えるとともに、疲労物質である乳酸(解糖の最終生成物であり、筋肉中に蓄積されると疲労の原因となる)を処理します。身体の疲れをとるには、睡眠が一番です。疲れると眠くなるのは、体が反応している証拠です。

2.脳を休めること

起きている間、私たちの脳は、多くのエネルギーを消費しながら、膨大な仕事をこなしています。脳を使うとお腹が減ると言うのを聞いた事がおありかと思います。そして、脳を酷使すると、集中力や記憶力が低下したり、イライラするなどの現象が現れてきます。そこで、睡眠をとることによって脳に休息を与え、以後の活動のためのエネルギーを蓄えることが必要になります。身体の疲れは横になることである程度とることができますが、脳の疲れは、眠りによってしか解消することができないのです。

3.細胞を活性化し新しくすること

睡眠中には、この時にしか分泌されない「成長ホルモン」などが分泌されます。成長ホルモンは、子供の時には、主に骨や筋肉などの発育に必要な役割があります。「寝る子は育つ」ということわざは、科学的な根拠があるのです。大人になってからは、体の機能修復に大きな影響を及ぼします。成長ホルモンが新しい細胞を作って、皮膚を活き活きとさせるのです。

4.自律神経を休めること

交感神経(一生懸命に何かをしているときに働く神経で、脳に血液をたくさん送り込む役割がある)、および副交感神経(リラックスしているときに働く神経で、緊張状態からのんびり状態に体を切り替える役割がある)からなる神経に休息を与え、調子を整えます。


質のよい睡眠が得られると、起きている時間、つまり人生の4分の3~3分の2もよりよい状態でいられることが出来るのです。現時点では、睡眠にあまり満足感を持てていないかもしれませんが、積極的に工夫しながら、よりよい睡眠を得られるように心掛けてまいりましょう! 少しの工夫で 睡眠の質が大きく改善することも十分あり得ることです。

ページの先頭へ